ホーム>学科紹介

歯科衛生学科

人々の生涯にわたる口腔保健向上に寄与できるよう
歯・口腔だけでなく全身への配慮ができ、温かい人間性と
実践力を兼ね備えた歯科衛生士の育成をめざします。
口腔領域はもちろん関連医学や看護学、心理学も学びながら、
診療所・病院、高齢者・障がい者施設、
保健所・口腔保健センター、小学校・保育所などで実習し、
実践力を養います。
卒業生は県内を中心に歯科診療所、病院歯科・口腔外科、
保健所、企業等幅広い分野で活躍しています。

授業・教科の内容

3年間の修得単位数は、98単位(2,990時間)、そのうち臨地実習は20単位(900時間)です。超高齢社会の到来や疾病構造の変化などによって歯科保健医療福祉をとりまく環境は大きく変化しています。それらに対応できる幅広い関連分野の学びができるような教育内容としています。

授業科目

●基礎分野
論理学 日本語表現法 医療物理学 生物学 化学 歯科英語 情報科学 人間関係論
健康心理学 保健体育
●専門基礎分野
解剖学I・II 生理学 生化学 口腔解剖学I・II 口腔生理学 口腔生化学 病理学
口腔病理学 微生物学 口腔微生物学 薬理学 歯科薬理学 歯科材料学 口腔衛生学I・II・III
衛生学・公衆衛生学 衛生行政 社会福祉 社会保険 栄養学
●専門分野
歯科衛生学 医療倫理 歯科保存学(保存修復学・歯内療法学・歯周病学) 歯科補綴学
口腔外科学 小児歯科学 歯科矯正学 歯科放射線学 障害者歯科 高齢者歯科
口腔疾患予防管理I~V 口腔保健管理I~VII 臨床歯科補助I~VI 臨地実習I~IV
●選択必修分野
歯科口腔保健総論 臨床歯科医学特論 関連医学 看護概論 専門臨地研究I・II 

  ※大学・専修学校等で履修した単位のうち、一定の基準を満たすものについては単位認定制度があります。

  臨地実習は、広い分野で実施し、歯科衛生士としての実践力を養います。
  病院(歯科、口腔外科) 歯科診療所(一般・小児・矯正) 小学校 保育所 高齢者施設
  保健所 障害者施設 口腔ケアセンター 口腔保健センター

 

年間授業スケジュール

スケジュール

 

授業風景

授業風景

 

在校生・卒業生の声

在校生写真

私は高校2年生の時に将来の進路を考えた際、資格を必要とする仕事に就きたいと考え、両親の勧めもあって歯科衛生士を目指すことにしました。入学してから実感することは、1学年40人1クラスという少人数で授業を受けているので、先生との距離がとても近く、非常に親しみやすい雰囲気です。授業や実習では厳しい課題も課せられますが、同じ目標を持って入学してきた同期のみんなと励まし合いながら一緒に乗り越えることで、少しずつですが知識も技術も身についてきたと思います。また、春の校外研修や体育祭が開催されるので、クラス内だけでなく先輩方や他学科との繋がりも増え、学院生活がより充実したものになっています。総合衛生学院の卒業生だと胸をはって仕事をできるように残りの学院生活で知識と技術をさらに磨き、医療人としての心を身に付けたいです。

 

卒業生写真

私は卒業後、より多くの人々への口腔衛生の普及に取り組みたいと思い、企業に就職しました。
現在は、サンスター財団がもつ歯科診療所に配属になり、主に歯科診療補助を行いながら、日々、技術指導を受けております。
サンスター財団において、歯科衛生士は診療所だけでなく、産業歯科健診や口腔衛生に関する普及啓発活動、研究やマーケティング、営業など様々な分野で活躍できる可能性があります。
私は、それらの仕事を行う中で基礎となるのが患者様と向き合える臨床経験だと感じています。
まだ、どのような場所で、どのようなことを極めていきたいのか、明確には決まっていませんが、今後の自分の将来の可能性を広げるためにも、今は臨床現場で吸収できることを精一杯吸収していきたいと思っています。

 

主な就職先(平成26年度〜平成28年度) 

歯科診療所、総合病院、兵庫県、サンスター財団 等

ページトップに戻る