ホーム>学科紹介

助産学科

出産を核として、女性の一生の健康をサポートできる
助産師の育成をめざします。
「女性とともにある」専門職として、人への深い理解を基盤に、
女性とその家族の健康に幅広く対応できる
実践力を身につける教育を行います。
卒業生は、県内を中心とした病院、診療所、助産所で高い
専門性を発揮し、自律性のある専門職として活躍しています。

授業・教科の内容

1年間の修得単位数は、35単位(1,050時間)、そのうち臨地実習は12単位(540時間)です。

授業科目

●基礎助産学:助産学概論・母子の基礎科学I II・基礎助産学I~IV・母子の心理・社会学
●助産診断・技術学:助産診断・技術学I~IV・ウイメンズヘルスケア論・健康教育論
●地域母子保健
●助産管理
●助産研究
●臨地実習

 

実習について

臨地実習は、病院・診療所・助産所等での助産活動を学びます。

〔継続事例実習〕
妊娠期から子育てまで継続して実習し、深い人間関係と対象の能力を引き出す支援を学びます。
〔地域母子保健実習〕
健康センターにおける母子保健活動や地域の母子が参加できる場づくりの実際を学びます。
〔新生児実習〕
正常新生児だけでなくハイリスク児のケアを通して、助産師の役割を更に深く学びます。
〔健康教育〕
教育機関に出向き、いのちの教育を企画・実施し、思春期からの支援のあり方を学びます。


教科外活動

新生児蘇生法「専門」コースの認定を得る機会を設けています。

 

年間授業スケジュール

スケジュール
主な実習施設
県立西宮病院 県立淡路医療センター 母と子の上田病院 神戸医療センター 関西労災病院
サンタクルス ザ シュクガワ あさぎり病院 親愛産婦人科 林産婦人科 久保みずきレディースクリニック 亀田マタニティ・レディースクリニック 県立こども病院 神戸大学医学部附属病院 マナ助産院 毛利助産所 ひなた助産院 市役所

 

授業風景

授業風景

 

在校生・卒業生の声

在校生写真

「女性の一生に寄り添って健康をサポートする」。そんな仕事に魅力を感じ、助産師を志しました。
助産師の仕事の1つである思春期から行う性教育に力を入れている総合衛生学院で学びたいと思いました。現在私たちは、助産師が性教育に関わることの意義やその授業方法を講義で学びながら、6月に行う小学生・高校生の「いのちの授業」の準備を進めています。自分たちの思いを伝えることは難しいですが、対象の心に響く授業を目指していきたいと思います。
また、助産師の仕事の核となる妊娠・分娩・産褥の講義も同時平行で進んでいます。9月からの本格的な実習に向けてしっかり学習していきたいと思います。
看護教育、臨床経験、出産育児経験など異なった背景をもつクラスメイトと互いに刺激を受け合いながら、これからの学生生活を有意義に過ごしていきたいと思います。

 

卒業生写真

私は看護師として経験を積んだ後、助産学科に入学しました。入学当初は、久しぶりの学生生活への不安と、助産師になることに一歩近づいた期待感とが入り交じった複雑な心境でした。
学生生活で心に残っているのは、小学生・高校生にいのちの授業を行ったことです。助産師として思春期の子どもたちにいのちの大切さをどう伝えるか、仲間とともに試行錯誤した日々は貴重な体験となりました。
分娩介助の実習では、新しい命が生まれるまでは緊張感でいっぱいでした。しかし、元気な赤ちゃんの誕生と、出産後のお母さんやご家族の幸せ溢れる様子に、助産師という仕事の喜びややりがいを感じることができました。辛いこともありましたが、実習施設の温かいサポートがあり乗り越えることができた実習であったとつくづく感じています。
私は、このような体験をさせていただいた実習施設への就職を決めました。学生時代に担当した方々と、妊娠・出産・育児を通して再会できることを幸せに思います。1年間がんばって本当によかったと思います。

 

主な就職先(平成26年度〜平成28年度) 

県立淡路医療センター、県立尼崎総合医療センター、県立柏原病院、県立こども病院、関西労災病院、 神戸市民病院機構中央市民病院・西市民病院、北播磨総合医療センター、公立豊岡病院、あさぎり病院、製鉄記念広畑病院、母と子の上田病院、林産婦人科、親愛産婦人科 等

ページトップに戻る