ホーム>学科紹介

看護学科 2年課程定時制

医療専門職として科学的思考と自己研鑽能力、
そして豊かな人間性を持った協調性に富む
看護実践者の育成をめざします。
学校での授業と臨床現場での実習体験をつなぎながら
学習を進め、思考力と実践能力を養う教育を行います。
1、2年次は週3日、3年次は実習を中心に週5日授業があり、
3年間で履修するコースです。
卒業生は、県内を中心に、県立病院や国公立病院、民間総合
病院等で第一線の看護師として活躍しています。 

授業・教科の内容

修得単位は67単位(2,180時間)、そのうち臨地実習は16単位(720時間)です。授業は、准看護師課程で学んだ内容や准看護師としての体験を基にしながら、2年課程の教育内容を主体的に学んでいくことができるように構成しています。

授業科目

●基礎分野
論理学・情報科学・物理学・哲学・社会学・教育学・人間関係論
●専門基礎分野
解剖生理学・栄養と代謝・微生物と病因・病因と病変・疾病論I・疾病論II・疾病論III・疾病論IV・薬理学・
公衆衛生学・社会福祉・関係法規・行動科学
●専門分野Ⅰ
基礎看護学・臨地実習(基礎I・II)
●専門分野Ⅱ
成人看護学・老年看護学・小児看護学・母性看護学・精神看護学・
臨地実習(成人・老年・小児・母性・精神各看護学)
●統合分野
在宅看護論・看護の統合と実践(医療安全・災害援護・看護研究・看護管理・看護総合演習)・臨地実習(在宅・看護総合)

 

年間授業スケジュール

スケジュール
主な実習施設
県立尼崎総合医療センター 県立がんセンター 県立加古川医療センター 県立西宮病院 県立こども病院 県立ひょうごこころの医療センター 県立リハビリテーション中央病院 加古川中央市民病院 関西青少年サナトリューム
神戸・明石市内訪問看護ステーション 通所リハ 地域包括支援センター  助産所 保育所 地域活動支援センター

 

授業風景

授業風景

 

在校生の声

在校生写真

総合衛生学院では、幅広い年代の、あらゆる経歴をもつクラスメイトと様々なグループワークを行います。私は、グループワークを通して、それまでの自分にはなかった思考に触れることで、視野が広がり「考える力」がつきました。時には、教員もメンバーの一員となり、チームで学びを深めることができます。
学院生活の中で“自分で考え・自分の言葉で・自分の意見を発信できる”主体性が、たくさんの方のサポートの基に存在することを実感しています。同時に、他者の主体性の存在と大切さにも気づけました。新たな気づきが、看護を深めることにつながります。
ぜひ、総合衛生学院で一緒に学びを深め、新たな思考に触れてみませんか。

 

卒業生写真

総合衛生学院では、准看護師の資格を持つ様々な年齢や経験の人が集まります。
私自身久しぶりの学生生活で不安はありましたが、仲間の支えや教員、講師の先生方の丁寧な指導のおかげで多くの学びがありました。
授業ではグループワークが多く取り入れられており、知識や経験を活かし話し合いをすることで、根拠に基づいた看護を考え、またそれぞれの看護観を深めることにつながったと感じます。3年生での臨地実習では、コロナ禍のため制限がありましたが、臨地・学内において教員や指導者のサポートを受け、患者様一人ひとりの個別性に沿った看護を考え、実践することができました。3年間で学んだことや経験したことは看護師としての自信につながっています。
ここでは学生の多くが学業と仕事、また家庭も両立させながら3年間を過ごします。大変なこともありますが、それ以上に看護を学ぶ楽しさを感じることができます。
ぜひ「看護師になる」という夢を、仲間とともに総合衛生学院でかなえてください。

 

主な就職先(平成26年度〜令和3年度) 

県立尼崎総合医療センター、県立西宮病院、県立加古川医療センター、県立こども病院、県立がんセンター、県立丹波医療センター、県立淡路医療センター、県立リハビリテーション中央病院、神戸市民病院機構中央市民病院・西神戸医療センター、明石市立市民病院、加古川中央市民病院、北播磨総合医療センター、関西青少年サナトリューム 等

ページトップに戻る