ホーム>学科紹介

看護学科 2年課程定時制

医療専門職として科学的思考と自己研鑽能力、
そして豊かな人間性を持った協調性に富む
看護実践者の育成をめざします。
学校での授業と臨床現場での実習体験をつなぎながら
学習を進め、思考力と実践能力を養う教育を行います。
1、2年次は週3日、3年次は実習を中心に週5日授業があり、
3年間で履修するコースです。
卒業生は、県内を中心に、県立病院や国公立病院、民間総合
病院等で第一線の看護師として活躍しています。 

授業・教科の内容

修得単位は67単位(2,180時間)、そのうち臨地実習は16単位(720時間)です。授業は、准看護師課程で学んだ内容や准看護師としての体験を基にしながら、2年課程の教育内容を主体的に学んでいくことができるように構成しています。

授業科目

●基礎分野
論理学・情報科学・物理学・哲学・社会学・教育学・人間関係論
●専門基礎分野
解剖生理学・栄養と代謝・微生物と病因・病因と病変・疾病論I・疾病論II・疾病論III・疾病論IV・薬理学・
公衆衛生学・社会福祉・関係法規・行動科学
●専門分野Ⅰ
基礎看護学・臨地実習(基礎I・II)
●専門分野Ⅱ
成人看護学・老年看護学・小児看護学・母性看護学・精神看護学・
臨地実習(成人・老年・小児・母性・精神各看護学)
●統合分野
在宅看護論・看護の統合と実践(医療安全・災害援護・看護研究・看護管理・看護総合演習)・臨地実習(在宅・看護総合)

 

年間授業スケジュール

スケジュール
主な実習施設
県立がんセンター 県立加古川医療センター 県立西宮病院 県立こども病院 県立ひょうごこころの医療センター 
県立リハビリテーション中央病院 西宮市立中央病院 加古川中央市民病院 関西青少年サナトリューム 明和病院
神戸・明石市内訪問看護ステーション 通所リハ 地域包括支援センター  助産所 保育所

 

授業風景

授業風景

 

在校生の声

在校生写真

僕は看護師を目指し、北海道から総合衛生学院に入学しました。
この学校では、グループワークが多く、クラスのみんなと意見を交換し合うことで、主体的に学ぶことができます。学びを重ねることで、さらに、より深く「看護」について考える力を身につけることができます。
授業以外にも、他学年との交流がある校外研修や体育祭などのイベントもあります。体育祭はクラス対抗ということもあり、クラスの団結力が高まり、体を動かすことでリフレッシュもできます。
総合衛生学院で、一緒に学びを深めましょう。

 

卒業生写真

総合衛生学院では、医療や看護の現場で活躍されている講師の方から最新の知識や技術を学ぶことができます。どの講義でも多く取り入れられているグループワークは、年齢の壁を超えて、相手の意見を尊重しながら自分の意見を述べるという姿勢が身につきます。また、教員は私たちの主体的な学びを全力でサポートしてくれます。
学びの集大成でもある臨地実習では、指導者や教員の指導のもと、患者様やその家族を取り巻くたくさんの情報からアセスメントし、個別性のある看護を実践することができました。仕事や家庭との両立は難しいこともありますが、学生生活を通し、培った看護観やクラスの仲間との絆、臨床実習で患者様やご家族からいただいた言葉は、看護師となった今でも心に残り、日々の原動力となっています。
皆さんも総合衛生学院の一員となり、仲間と共に看護を深めてみませんか。

 

主な就職先(平成26年度〜平成28年度) 

県立尼崎総合医療センター、県立西宮病院、県立加古川医療センター、県立こども病院、県立がんセンター、県立リハビリテーション中央病院、神戸市民病院機構中央市民病院・西神戸医療センター、西宮市立中央病院、市立伊丹病院、明石市立市民病院、加古川中央市民病院、高砂市民病院、北播磨総合医療センター、関西青少年サナトリューム 等

ページトップに戻る