ホーム>学院案内

学院長あいさつ

当学院は、看護師、助産師、介護福祉士、歯科衛生士を
めざす方々のための県立の専門教育機関です。

学院長近影
兵庫県立総合衛生学院
学院長
成田 貴雄

兵庫県立総合衛生学院のホームページをご覧いただき、有り難うございます。

当学院は、助産師、看護師、歯科衛生士をめざす方々のため、昭和47年4月に設立され、今では県内唯一となった県立の専門学校で、平成31年度末までに約7千6百名の医療専門職を輩出してきました。

当学院は、経験豊富で熱意のある専任教員と、大学や医療機関等の外部講師陣に加え、最新のシミュレーター、モデル人形、歯科ユニットを揃えた実習室、蔵書1万2千冊の図書室など充実した教育環境、県立病院はじめ多彩な実習施設を備えており、きめ細かな指導・助言を受けながら、最新の専門知識や専門技術の習得はもちろん、臨地実習やグループ演習を通じて、実践力やチームワーク力を身につけることができます。
こうした環境のもとで学んだ当学院の卒業生の国家試験合格率は、平成29~30年度と連続して全学科100%を達成し、就職率も各学科ともほぼ100%で、県内の医療機関を中心にその中核職員として活躍し、高い評価を得ています。

また、勉強だけでなく、学生自ら企画する校外レクリエーション活動や体育祭、地域への貢献活動など、同じ学院に学ぶ仲間づくり、さらにはチーム医療を支えるうえで大切な人間性を育くむ行事や活動も大切にしています。
毎年8月、オープンキャンパスを実施していますので、是非、お越しいただき、当学院がどのような学校か、自分の目で確かめてみて下さい。

そして、平成31年4月、超高齢社会の大変大きな課題である介護人材の確保に県も直接取組むため、新校舎として中山手分校を設け、新たに「介護福祉学科」を開設しました。
介護福祉士は、介護分野唯一の国家資格であり、専門職として現場の中核となる職です。
国はその処遇の改善に力を入れており、また、介護職員の負担軽減のため、AI・介護ロボットの開発や活用促進が図られています。
当学科では、医療専門職の養成課程を持つ学院の特色を活かし、医療分野の授業科目を設け、課題となっている医療介護連携をリードする介護福祉士の育成を目指します。
定員は40人で、高等学校を卒業又は卒業見込みの方、他業種から転職を考えている方、定年退職後も現役で頑張りたいと考えている方、子育てを終え仕事に復帰したいと考えている方、そして留学生の方等、いろいろな世代、職歴・経歴の方の受験をお待ちしています。

兵庫県立総合衛生学院は、職員一丸となって、助産師、看護師、介護福祉士、歯科衛生士を目指す皆さんの夢の実現を応援します。

ページトップに戻る